不倫調査を興信所や探偵事務所に相談する前に

配偶者の不倫を疑う場合、その調査を興信所や探偵事務所に依頼するという方法を考える人も多いと思います。しかしながら、この場合に注意しなければならない点があります。以下、具体的に解説していきたいと思います。一般の方は、興信所や探偵事務所という業界について詳しくないと思います。通常関わることのない業界だからです。この業界は、悪質な業者から優良な業者まで様々であり、料金、依頼内容等の様々トラブルが生じています。したがって、不倫調査を依頼したい場合、これらの事務所に直接相談に行くのではなく、まず、最寄りの弁護士事務所や司法書士事務所、行政書士事務所の所へ相談に行くべきです。なぜなら、これらの職業は、仕事の性質上、興信所や探偵事務所と付き合いがあるからです。したがって、優良な興信所や探偵事務所を紹介してくれると思います。

不倫を疑った場合は調査してみよう

どんなに相手を信頼していても、不倫をしているんじゃないかと疑ってしまう事はあります。ですがそこで怒りのあまり相手に詰め寄るような事は避けるべきです。不倫をしていなかった場合、勘違いだとは言えお互いの信頼に溝が出来てしまいます。不倫をしていた場合、証拠がなければ言い逃れが出来てしまいます。離婚するにも客観的な証拠がなければ、相手有責の不倫による離婚とは認められにくくなります。まずは調査してみることをお勧めします。探偵や興信所などに不倫調査の依頼をしてみましょう。そこで不倫の事実がなければ、自分の勘違いだったという事になります。自分の胸に秘め、相手を信頼するよう努めましょう。不倫の証拠が出てきた場合、客観的事実を手に入れた事になります。離婚するにしても、再構築するにしても、自分にとって有利になるでしょう。

不倫の調査にむけての注意

結婚しパートナーとなった相手が不倫をしていると確信している場合でも、写真などの証拠がない場合、裁判に持ち込んでも思うような結果になることはありません。まれに聞く話ですが、不倫をしている側が裁判に持ちかけられてもいいように、相手の不利になるような証拠をあらかじめ写真などに残しておいて、逆提訴するというケースもあります。ですので不倫の疑惑を感じたら、探偵などのプロに徹底的に調べてもらい、確信的な証拠をつかむことが必要です。また、不倫相手の事も調べ上げ不倫相手からも損害賠償を請求することが出来る場合もあるそうです。何にしても、徹底的に調べ、証拠見つけることが大切ですので、少しでも相手に疑問を感じた場合はすぐに、調査会社や探偵に依頼していくことが大切だと思います。不倫は浮気とは違い、気持ちも相手にいってしまっているものなので、気持ちが晴れるまでとことん戦っておきましょう