パートナーが不倫している時は調査を依頼しよう

浮気とか不倫はしてはいけない事です。しかし魔がさしたりすると如何しても行ってしまう事はあります。ただ、自分のパートナーがその状態の場合、自分自身はじっと我慢する必要はありません。自分の為にも調査を依頼してみてはいかがでしょうか。不倫の調査としてよく使われるのが探偵です。ドラマで見るみたいな感じではなく、もっと気軽に相談する事も可能です。ただ内容によってはある程度まとまった費用が発生する事があるので注意しましょう。契約書にサインするとその時点で契約が成り立つので、相談にいった時に分からない事があったらその都度質問する事をお勧めします。そうして分からない状態が無いようにしてから契約しましょう。探偵は相手に知られないようにして調べてくれます。万が一不倫をしている事自体が自分の勘違いだったとしても、相手に調査した事を知られる事はほぼないので、悩んでいる人は一度相談してみてはいかがでしょうか。

配偶者の不倫関係を調査

配偶者の不倫が疑わしい場合、怒りに任せて問いただしてしまうとそのまま水面下に潜って関係を続け、余計に詮索しにくくなってしまいます。それよりは一度落ち着いて探偵事務所へ浮気調査を依頼しましょう。出来ることなら一度気持ちを落ち着かせて一旦配偶者の行動パターンをメモし、ある程度手がかりが得られてから公道に写したほうが費用を安く抑えることができます。基本的に探偵事務所や興信所の仕事というのは、証拠を押さえるまでが仕事なのでどれだけの証拠をどの期間集めるかによって契約期間が変わってくるのです。じっくりと調べてほしいという依頼主の場合、それに比例して費用がかかりますが調査機関は長期化します。逆に手っ取り早く調べて欲しい場合には積極的不倫の手がかりとなるようなものを探偵事務所に提出し、協力姿勢を見せる必要があります。

不倫調査の傾向と対策

配偶者の不倫には探偵事務所へ調査を依頼するということが定着したことによって不貞行為を働く側としてもより関係をひた隠しにするようになりました。それに伴った再び新たな手法が紹介されるようになったのです。インターネットで紹介されるようになってからというもの、携帯の履歴は極力残さずに携帯にもロックを掛けるようになりました。よって携帯から足がつくということが殆どなくなってしまったので別のルートを探さなければなりません。まずは形態の着信履歴を取り寄せましょう。誰から連絡があるかはわかりませんが、見慣れない番号からの着信履歴を見つけることができるのでそこから人物の割り出しや電話の時間帯を見て行動パターンを割り出すことができます。次に、服装の変化と行動の変化です。不倫をしているといつもより自分を良く見せようとします。